at Atelier

シルバーアクセサリー作りの体験開催しました

少し前のお話ですが、作品展の期間中にシルバーアクセサリーのリング作りの体験をしていただきました。

シルバーアクセサリーを作る体験って初心者でも簡単にできるの?

という疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、

誰でもできます!

ただし、もちろん何でもできるわけではありません。
初めてで、いきなり「小さな石がたくさん入った細かい細工のものを作りたい」
などと言われる方が、たま~にいらっしゃるのですが、それはさすがに無理です。

例えば、のこぎりを使ったことがないです。
という方が、その日にチェストを作りたいです。
というようなものですね。

こういうことは言わなくてもわかるのにアクセサリーになると想像がつかなさすぎるのと、期待が高まりすぎてしまうのかもしれませんね。

簡単な平打ちリングだったら、3時間もあればだれでもできます。
平打ちリングとは、短冊を丸めて指輪にしたものです。

ただ、これだとあまりデザインのないリングなのですが、WAX(ワックス)で形を作れば、もっと自由に作りたい形が初心者でもできます。

WAXは、「ろう」のことです。
このWAXで、作りたい形そのものを作ります。
それを型取りして鋳造します。そして、シルバーになるのです。
そして、シルバーを磨けば出来上がりです。

今回はのこの体験は、このWAXを蜜蝋にしてやっていただきました。

まず最初にあらかじめ作ってあった蜜蝋の線をサイズ棒というものに巻いてリングにしていただきました。
そして、蜜蝋の上下に他の種類のWAXをつけて、メリハリを付けました。
平打ちリングの蜜蝋バージョンですね。




こちらは、また違うリングですが、これも体験で作られたものです。



単純な形ですが、蜜蝋の線にするだけで、大人仕様の雰囲気のあるリングに仕上がりました。
蜜蝋は、そういう効果もあり、またひとつひとつ手で引いているので2つと同じ線ができません。
それも嬉しい理由のひとつですね。




実はこれ、当工房で販売していたものを見本に作っていらっしゃいます。

作品展の時は会場の都合もあり、いつもできるものではないですが、工房の方では、随時体験もできます。
事前にお電話かメールにて、お問合せいただければ、ペンダント・リングの体験ができますので、お気軽にお問い合わせください。

メニューバーの Homeに電話番号・ Contactから、メールでお問い合わせいただけます。

2017-11-04 | Posted in at AtelierNo Comments » 
Comment





Comment



CAPTCHA