Profile


森 千明   Mori Chiaki


 

atelier2

日本の伝統技法である「蜜蝋鋳造」を中心にアクセサリーを作っています。

蜜蝋(みつろう)とは蜂の巣の蝋のことで、働き蜂が
蜂の巣を作るのに分泌したものです。
蜜蝋と松脂(まつやに。松から取れる天然樹脂)と他の蝋とを混ぜ、煮溶かします。
それがある程度冷めたら手に取り、左右に細く引きます。
そうすると引き目模様の美しい線ができ、それを形作り鋳造します。
線ひとつひとつが、そのときの気温、手のぬくもり、引き手の力加減に
よって微妙に違ってきます。

ですから、それを使って作ったものは世界にひとつだけのものとなります。

岐阜県岐阜市出身
桑沢デザイン研究所にてデザインを学ぶ
原宿アトリエ黒岩にて彫金を学ぶ

(社)日本ジュウリーデザイナー協会に入会
2010年退会し、フリーの活動を始める

  • 第17回大垣市展 絵画部門 市展賞受賞
  • 1989 プラチナデザイナーズコレクション   入選
  • 1992 ジュウリーアート“92          入選
  • 1996 “96ジュウリーアートコンペティション  入選
  • 2000 2000.ジュウリーアート展       入選
  • 1989 “89世界デザイン博覧会         出品

1983 森 千明 彫金展 蜜蝋の形 ・ギャラリー鮎(岐阜市)
以後、関東、中部、関西の各地で個展、グループ展を開催

 

せん彫金工房 二人展  (たかぎくみ・森千明)
高島屋 (横浜、名古屋、岐阜、京都、大阪、堺、岡山、松山)
阪急、三越、近鉄、遠鉄、そごう 各百貨店
メルシャン軽井沢美術館
その他、各地のギャラリーにて開催