at Atelier

オシドリの秘密

この時期、オシドリを近所の小さな川でも見かけることがあります。

工房のある愛知県江南市は、名古屋市の北で、
岐阜県との県境にある木曽川が近くに流れています。

オシドリを見かけたのは、木曽川ほど
大きな川ではなく、青木川という
雨水を集めて流すために造られた川ですが、近所のその風景は、少し風情があるものです。

オシドリを見ると思いだすことがあります。

15年ほど前にオーダーでオシドリの置物を頼まれました。

結婚式の引き出物に使うということで、
オーダーをいただきました。

オシドリを・・・と言われ、まずは形の特徴をいろいろ調べました。

いつもですが、やはり初めて作るものは、画像を探して調べまくります。
そして、その中で見つけた意外なもの。
オシドリというと夫婦仲のよい象徴として語られます。
でも、意外な側面がありました。

実は、毎年つがいになる相手が変わっていました。
雄は、献身的に雌に尽くすそうなのですが、
雛が生まれるともう関知しないんだそうです。
意外でした。

まあ、オシドリにしてみたら、普通にしているだけで、
勝手に秘密と言われても・・・
という話ですけれど。

それで、頼んだお客様はきっと知らなかったんだと思います。

まあ、そういうことだからということでも
ないでしょうが、「引き出物」のことを
言われたお客様は、注文だけしてそれっきりでした。

そして、残されたその時の置物がこちらです。



ローズウッドの上には、鹿の角で、水を表現
しています。

結構気に入っているんですけどね。
残念。

でも、こういう話でしたので、
オシドリは型取りしてあり、ブローチを
作りました。



2017-05-04 | Posted in at AtelierNo Comments » 
Comment





Comment



CAPTCHA