at Atelier

香嵐渓・紅葉と作品展



今年も香嵐渓のもみじの時期が来ました。

香嵐渓というのは、愛知県豊田市にある山間の町です。
江戸時代から愛知県の三河湾から信州まで塩を運ぶ中継地点で、足助で荷直しした宿場町として栄えたところです。
古い町並みも見ることができるのですが、たくさんのもみじが植えられていて、秋になるといろいろな種類のもみじがとてもきれいなところです。

江戸時代に香積寺11世住職の三栄和尚がもみじを植えたのが始まりで、巴川の両岸に数千本のもみじが植えられ、秋のこの時期は圧巻です。

毎年11月1日~30日の1か月間もみじ祭りが開催されて、夜になるとライトアップもされます。

そんな観光地で、毎年古い家屋を1ヶ月間まるごと借りて、いろいろなジャンルの作家で作品展を開催しています。
家具 
柿渋染めの洋服
陶磁器
彫金

今年は、
12日(日)から始まります。
紅葉次第ですが、12月始めまでは開催予定です。

いつものギャラリーでの作品展とは違いアクセサリーだけでなく、オブジェやリース、キーホルダーなども出品します。

今、準備をしているところですが、いつもの仕事とはまた違ったことをしているので、それはそれで気分も違って楽しんで作っています。

もみじだけでなく、この作品展が毎年楽しみといってくださる方も多いので、ぜひ遊びに来てくださいね。

2017-11-02 | Posted in at AtelierNo Comments » 
Comment





Comment



CAPTCHA