at Atelier

彫金教室・オリジナルアクセサリーを作る

今、彫金教室に来てくださっている
生徒さんは、ベテランの方が多いです。

中でも今日の方々は、15年ぐらいには
なるでしょうか。
今まで、数々の個性的なアクセサリーを
作っていらっしゃいます。

そして、それをおしゃれにこなしていらっしゃいます。

量産物のパーツを組んだりするだけ
ではなく、デザインも一から自分で考え、
銀の板をデザインに合わせ切ったり、
付けたり、天然石を留めるときも、
その枠なども自分で作ります。

もちろん、蝋型鋳造と言って、ロウで
作りたい形の通りに作り、型を作り、
そこに地金を流し込む技法でも、
作ったりします。

蝋型鋳造の時は、デザインにも幅が出ます。
初心者でも結構いろいろなものが作れます。

きょうは、自分で作ったものを付けて
いらっしゃった方がいましたので、
ご紹介します。


これ型の季節にぴったりのデザインです。
大きさ、ボリューム感はあるのですが、
線だけの表現ですので、大きさの割には
軽い仕上がりになっています。

真ん中の青色のものは、中にキラキラした
素材が入っているビーズです。

イヤリングも素材は違いますが、イメージが
同じのお揃いです。

こんな風に、天然石でなくても、素敵になります。
白いブラウスにも素敵ですね。

きょう作っていたのは、他のもので、
天然石に合わせて石を留めるための
爪を作りました。
銀の線で、石の大きさに合わせた台座を
作り、爪も4本付けます。


こんな風に石に合わせて切った線を
ロウ付けという作業で付けていきます。

ある方は、ネックレスのデザインの部分が完成しました。


真ん中の赤いものは、山サンゴと言われるものです。
山の中で取れたサンゴの化石です。
昔海だったところが、隆起して山になり、
そこから産出した物です。
着色してあるものが多く最近は、少なくなっています。

その山サンゴの両側に銀板でパーツを作りました。
パーツの先は、
1.銀のチェーンにする
2・革ひも、古布の布のひもを使う
など、いろいろやり方はあるのですが、
ひもを使う方向になりました。

このようにいろいろなデザインで、
オリジナルのアクセサリーが作れます。

2017-05-09 | Posted in at AtelierNo Comments » 
Comment





Comment



CAPTCHA