at Atelier

ハンドメイドのキーホルダー完成しました

前回は、木を切ってパーツを作り、ベースの色を塗るところまで行きました。

ベースの色を塗った後に、白い絵の具をわざとかすれるように、周りの角のところを塗っていきます。
これは、少し古びた感じを出すためです。
これをすると強い色の物でも少し柔らかい感じが出ます。

その後に、絵を描いていきます。
今回は、リクエストのあった来年の干支の「戌」も描きました。

よくある干支風にすると、和が強すぎるのとその年しか持っていられないので、普通に犬の姿を描きました。

猫だと猫であれば、猫好きの方には喜んでいただけるのですが、犬は犬種が違うと大きさも顔も違ってしまうので、犬は難しい所でもあります。

描く時のポーズの基準としては、なるべく普通じゃない所を書きたいといつも思います。
これは犬に限らないのですが、記念写真風なポーズでないところに惹かれます。

「このポーズするけど、他では見たことないよね。」

というポーズを作った方が、お客様にも喜んでいただけると思って作っています。



これは、金具を付ける前に撮ったブローチです。
裏に金具をしっかり止めたら出来上がりになります。

ひとつひとつ手で描いているのと、形もひとつひとつ少し変えていますので、世界にひとつのものになります。

2017-11-07 | Posted in at AtelierNo Comments » 
Comment





Comment



CAPTCHA