Order

K18リング・オーダー2

使わなくなったリングの石
をはずし、K18のリングを
作って欲しいとの制作依頼
を受けました。

2つの指輪から石を
はずしました。
それを一つのリングに使うと
いうご依頼です。

たくさん石があるので、
今回全部は使い切れませんでした。
ある程度の絵を描いて、
イメージは見ていただいていました。
(さらに…)

2010-12-23 | Posted in OrderNo Comments » 

 

バイオリンのペンダント

バイオリンのペンダントを
作って欲しいとの依頼を
受けました。

他でバイオリンを作って
欲しいと頼んだけれど、
みんな断られたそうで、
こんな感じでよいの
ならと、今までの物の
写真を見てただきました。

それで、オーダーとなったわけです。
弓も一緒についている
タイプで、今回は色の違う
2種類の石を付けました。

そんないきさつもあったのと
プレゼントということでした
ので、いつも以上に気持ちを
こめて制作しました。
(さらに…)

2010-12-07 | Posted in OrderNo Comments » 

 

バスクラリネット・・その後

前の記事から、随分時間が
空いてしまいましたが、
出来上がりましたので、
ご紹介します。
(さらに…)

2010-12-05 | Posted in OrderNo Comments » 

 

k18リング・オーダー1

k18のリングのリフォームの
ご依頼で制作したものの
ご紹介いたします。

7つの石が入っていたk18の
リング。
もともと、何年か前に
N市でリフォームを依頼され
たものだそう。

黄色い石6つと透明の石が
1つ、大きさは3.5mmの
ラウンドカットでした。
(さらに…)

2010-10-06 | Posted in OrderNo Comments » 

 

バスクラリネット

ふくろうの楽器シリーズを
ご覧になったお客様から、
バスクラリネットは、出来
ないかと言われました。

実は、バスクラリネットは
前に作ったことがあります。
ふくろうのシリーズでです。

今回は、バスクラリネット
だけ、しかも、楽器そのもの
を作って欲しいということ
です。

楽器屋さんでもらってきた
パンフレットや、いろいろ
な資料で調べた写真を元に、
バスクラリネットの
制作を始めました。

CIMG0156

これは本物のクラリネット
です。
本物のクラリネットも
資料のひとつとして
参考にしました。

CIMG0157
パーツのいろいろ

CIMG0155
こんな細い線も使います。

パーツの写真は、出来上がっ
たものですが、ここまで
くるのに、結構大変でした。

3つ目の写真のように、
シートのワックスを細く
切り、線を作り、部品を
組み立てていきます。
細さがわかっていただける
でしょうか?

ベルの部分もまっすぐでは
ないので、ちょっと
てこずりました。
一番大変なのは、管の部分
です。
本物には、細かいキイが
複雑についています。
それをすべて付けようと
すると、小さな部分に
ごちゃごちゃと付け
なければいけなくて、
ちょっと気持ち悪いもの
になってしまいます。

バスクラリネットの
雰囲気を壊さないよう、
キイを少し省略しました。
そのさじ加減も難しいです。

仕事のときはたいてい
FMラジオをかけて
いるのですが、神経を
集中して作らなくては
いけないので、ロックは
向きませんね。
やはりクラシック。
集中できます。

5時間ほどかけて作りまし
たが、気に入らず
やり直し。
写真は2つ目のものです。

ト音記号とイニシャルも
欲しいとのご要望で、
作りました。

これらを今度は鋳造する
のですが、成功するとは
限りません。
たぶん大丈夫だとは思い
ますが、だめだったら、
かなりめげます。

2010-10-01 | Posted in OrderNo Comments » 

 

熊の牙の羽織紐

男性の方から、羽織紐のオーダーを
いただきました。「熊の牙を使う」
ということと、細かい細工物がよい
とのことでした。

こんな風に牙にあわせて、ワックス
で型をとり、鋳造して作ります。
2組ということでしたので、4個同じ
ように型をとるのですが、自然の
ものなので当然のことながら、
一つ一つ全部違います。

0011
この写真は、作業の途中のものです。

ピンク色のワックスがかぶって
いない方が、牙の先になります。

 

 

vcm_s_kf_repr_832x624
仕上がったものです。
素材はシルバーです。

 

 

ピンクのワックスだったところは、
こんな風に細工をしました。
v832x624

もうひとつの羽織紐
CIMG0014

今日、ご本人が受け取りに来て
くださいました。
とても喜んでいただけました。
追加で、また2組作ることに
なりました。

そのときに出た話で、もともとは
男性用の羽織紐ですが、出番が
多いわけではないので、女性の
ネックレスにもならないかと
いう提案でした。

ちょうど両端は金具ですので、
ネックレスの上半分のものを
作れば、女性も使えます。
というわけで、ネックレスにも
なるように、金具などを作る
ことになりました。

この方は、猟をされる方ですので、
鹿の角、いのししの牙など、いろ
いろ素材になるものがあると
おっしゃっていました。
またおもしろいものが作れそうです。

2010-07-22 | Posted in OrderNo Comments » 

 

ふくろうのペンダント 2種

何年か前にオーダーで作ったものをご紹介します。

お客様の持っていらしたルース(裸石)を使って、
作ってほしいと言うご依頼でした。

owl1

このときの課題は、ふくろう。
ペンダントです。

ひとつはバイオリンを弾いているところ。
もうひとつは、翼を上に上げているところ
とのご希望でした。
石はどれを使ってもよいということと
他に使わないので、なるべくたくさん
使ってほしいということでした。

せっかくなので、蜜蝋をどこかに使います。
そして、ペンダントの鋳造ができあがった
のがこちら。

owl2

石が付き、仕上げるとこうなります。

owl3

大きい方のペンダントは、こんな感じになりました。

owl4

2010-01-25 | Posted in OrderNo Comments » 

 

犬のブローチ 2 (エアデールテリア)

ペットの犬のブローチのオーダー作品を
ご紹介します。
前に横浜のギャラリー寛さんで二人展を
させていただいたとき、会場で銀板を
切り抜いて作った猫のブローチを見て、
その技法で犬が出来ないかとご依頼を
受けました。

今までご紹介した物のように、鋳造で
柔らかい感じに作るのとは違い、硬い
感じで犬を作るのは、より簡素化される
のでデザインが重要になってきます。

お客様からの依頼で、制作に取り掛かる
前にデザイン画を見せて欲しいと言われ
ました。
それにあたり、やはり写真は、たくさん
見せていただきました。

127

写真が立っているのものと座っているもの
とあったので、一応どちらもデザイン画を
描いてみました。
その結果、どちらも・・・ということでした
ので、早々取り掛かりました。

ah1

銀板に絵を貼り、絵の通りに切り抜いて
いきます。
それぞれのパーツが出来ました。

ah2

小さなパーツもあります。

ah3

パーツを全部ロウ付けし、金具も付けました。

ah4

出来上がりです。

127-1

127-2

喜んでいただけて、よかったです。

2009-08-24 | Posted in OrderNo Comments » 

 

ガルーダのブローチ

最近のオーダーで作ったものをご紹介します。

ハート型のアメジストを使って、ガルーダの
ブローチをシルバーで作って欲しいとご依頼
を受けました。

このアメジストは、K18でリングに仕立てて
ありました。
以前インドネシアに住んでいたときの記念の品
で、そのときの思い出としてガルーダを作って
欲しいとの事でした。

イメージとしては、ガルーダがアメジストを
くわえているデザインで・・ということでした。

では、実際の制作の工程をご紹介します。

最初にご本人から頂いた絵を元に
まず大体のイメージを描いて見ていただきました。
ブローチにするには、強度などの問題も考えない
といけません。
羽の部分はすべてどこかと接点があるように
デザインします。

april 031

デザイン画を元にワックス(ろう)で
実際と同じ大きさに原型を作ります。
大きさもほぼ指定の大きさです。

april 022

鋳造リングの大きさが80mmほどで、
原型は70mmが限度です。
大きいままだと鋳造で失敗する可能性が高いので
鋳造リングに入るように、3つに分けて
鋳造しました。

april 030

3つのパーツで鋳造しあがったところです。
石膏の型から取り出した所ですので、銀の
地金は酸化していて、まだ黒いままです。

april 027

黒かったパーツも酸で洗うと銀の色になりました。
まだ磨いていませんので、光沢はありません。

april 044

3つのパーツをロウ付けという作業でつなぎ
合わせます。
アメジストの台はそのまま使いました。
K18のリングの残りの地金を使い、銀の間に
アクセントをつけました。
そして、羽の先にもK18の丸い玉をつけました。

最後に裏側にブローチの金具を付け、きれいに
磨きます。
きれいにしてから、アンティーク風にいぶし
ました。

出来上がりがこちらです。

april 044-2

2009-07-01 | Posted in OrderNo Comments » 

 

犬のペンダント 2(グレート・ピレネーズ)

ぺットのアクセサリーのオーダーは、圧倒的に犬の
ものが多いです。

今回は、前にオーダーをいただいた白い大きな犬、
グレート・ピレネーズを紹介します。
この犬種は、この方と知り合って初めて知った犬種で
した。

 

real

 

色々な写真を見せていただき、最初にワックスで原型
を作りそれを見ていただき、それから制作に入りまし
た。

全体像ではなく、胸から上で、と言う事でした。
このピンク色のものが、ワックスの原型です。
これから型を取り、地金を流し込み金属に変えます。
今回はシルバーです。

r2

 

 

 

地金に変えてから、丸カンをロウ付けし、バチカンと
呼ばれるチェーンを通す所を付けました。
出来上がりがこちらです。

 

 

lee

2009-05-07 | Posted in OrderNo Comments »