Order

ふくろうのリング、幸せのおすそ分け

去年7月に、ネットショップの方でふくろうのリングを
オーダーで作りました。

ふくろうは、耳羽があるタイプ。
クローバーを入れる。
ハートを入れる。
星を入れる。
イニシャルを入れる。
誕生石を入れる。

ということが条件で、プレゼント用でした。

そのリングがこちら。

6081

CIMG6083

そして、このリングがとてもよかったからと
同じ方から、またリングのオーダーをいただきました。
同じく、プレゼント用です。
同じ方へのプレゼントということで、
前のもの一緒に違う指にしたいのでと
サイズ違いのふくろうリングのオーダーを
いただきました。

ふくろうは、耳羽があるタイプ。
ホースシューを入れる。
ホースシューの金具の部分は、ハートか星。
クローバーとその中にイニシャルを入れる。
リングの内側にハートと名前を入れる。
ピンク色の石をつける。

ということが条件で、デザインしました。
このリングは、サイズが小さくて
6号でした。
6号ということは、直径が約14.7mm
単純に指につけたときに上から見える部分
の横幅がそれということです。

1円玉の直径、わかりますか?
20mmです。
結構ありますよね。それよりも小さいです。

問題は、ホースシューの飾り。
小さいので、星はちょっと無理かな・・
ハートにしたのですが、これでもかなり難しい。
WAXの種類を変えて、何とか原型完成。

ピンク色の石は、お任せと言うことでしたが、
調べるとピンクトルマリンの意味合いが一番
ご希望に近そうでした。

もちろん、デザイン画も見ていただき、
WAXの段階でも、見ていただき、石についても、いろいろと
やり取りをして作ります。

そして、出来上がったのがこちらです。

DSC_0056-1

DSC_0061

今回は、特別な意味合いがあるリングだと伺っていたので、
箱の中の飾りは、少し高級感が出るようにしました。
何も飾りがないとちょっと物足りないし、かといって
やり過ぎてもだめだし、かわいいものがお好きなような
気がしたので、箱の中身もこんな感じにしたと
見ていただきました。

送り主は、中身の確認ができないので、やはり包んでしまう前に
OKをいただかないとと思いました。

お送りしてから、どうだったかなと思っていたら、
とても喜んでもらえたと報告してくださいました。

そして・・・

予想通り、プロポーズをする為のリングだったようで、

**********************

実はこのリングは、少し特別でして、プロポーズをしまして
大変喜んでもらいまして、来月結婚する事にになりました。

**********************
というメールをいただきました。

ふくろうがふくろうの役割を果たしたようです。
こんなに喜んでいただいて、一生懸命作った作り手として、
こんなに嬉しいことはないです。

素敵な幸せのおすそ分けをしていただきました。

2016-04-07 | Posted in OrderNo Comments » 

 

ベービースプーンのペンダント

ベビースプーンのミニチュアのペンダントをオーダーいただきました。
お友達のお孫さんの1歳の誕生日パーティーのプレゼントだそうです。

銀のベビースプーンの形、お分かりになりますか?
普通のスプーンの小さいだけのもあるんですが、
持ち手のところが丸く曲げてあって、
乳児でも持ちやすいようになっているものがあります。
そのタイプのもののミニチュア版です。

当然、名前と誕生日が入ります。

当工房の場合、刻印で打刻します。
棒状の鉄素材に字が刻んであるものです。
ざっくりですが、印鑑の素材が鉄という感じといえば、想像がつきやすいと思います。

一字一字打ちますので、上下の位置や隣どうしの文字の間隔を整えるのに神経を使います。
ふだん、そんなに並べて刻印を打つ仕事はしませんので。

これさえクリアできれば、後は気分が楽です。
で、刻印を打ち終わったものがこれです。

DSC_0375

最初にスプーンの形に、鋸で切っておきます。
そして、今回は少し模様もつけてあります。
大体の大きさ、わかっていただけるでしょうか。

今度は、すくう部分を矢坊主というタガネで軽く叩いて丸くしていきます。
最初は、カーブのゆるい大き目のものから、徐々に小さくしていきます。

偏って叩くと、叩きすぎたところは伸びすぎて薄くなりますので、注意が必要です。
矢坊主は、こんなに種類があります。

DSC_0377

あとは、曲げて、曲げたところの先端をロウ付けという作業で、くっつけます。
その後、火をかけてできた酸化膜を取る為に、希硫酸に入れてきれいにします。
きれいになったら、水洗いし、後は磨きの作業です。

出来上がりは、こんな感じです。
かわいくできました。

DSC_0389

2015-08-31 | Posted in OrderNo Comments » 

 

にわとりのブローチ

2月の作品展のときに、にわとりのブローチの
オーダーをいただきました。
作品展に出したものをベースに、
にわとりの背景のネットをもっと大きくして欲しいとのことでした。

この作品、作るのがとても大変なのです。
ネットをワックスで作るのも大変なのですが、
もっと大変なのが鋳造です。

大きな塊と細い線を一緒に鋳造するときは、とても難しいのです。
細い線にきれいに地金(この場合は銀)が入らないことが多いのです。

作品のときのにわとりのブローチは、ネットの部分が少なかったので、
うまくいったのですが、今回は、ネットの分量が多いのです。

しかも、当工房の場合の鋳造体の大きさは、半径7cmの円に入る大きさまでしかできません。
鋳造機の大きさで、鋳造リングの大きさの限界があるのです。

今回のオーダーのブローチは、7cm以上。
一応、7cmまでの大きさと言うお話はするのですが、デザイン上どうしても7cm以上になるので
2つに分けて鋳造しました。

鋳造についての詳しい説明は、「こちら」からどうぞ

出来上がりが、こちらです。

DSC_0054


本当は、同じものはあまり作りたくないので、にわとりは違う動きにしたかったのですが、
同じものがよいと言うことで、こちらになりました。

2015-04-01 | Posted in OrderNo Comments » 

 

リュートのペンダントトップ

リュートをご存知ですか?
去年の秋にオーダーのお話がありまして、どのようなものかがはっきり分からず、いろいろと検索しました。

1

この絵の楽器なのですが、日本で言うと「琵琶」のような形で、よく見ていただくとわかりますが、
ネックからヘッドにかけて、直角に近い感じで曲がっているのです。

検索してみると、いろいろな形があるようで、ネックからヘッドの部分は、どうもギターなどのように
まっすぐよりも曲がっているものが、いわゆるリュートの形らしいのです。
さらに、弦が多い。24本。(リュートの種類によっては、いろいろありもっと多いものも)

楽器は、いろいろと作ってきたので、写真さえあれば、なんとかなるかなと・・・

そして、オーダーは、その方が譲り受けられた指輪の石を使って、

・リュート(斜めの感じ)
・石 10mm×15㎜
・ペンダント
・大きさは5cmぐらい
・枠はできるだけない方がよい

という条件で作りだしました。

楽器は、いつもワックスで作ります。
鋳造ですね。

※鋳造については、こちら

ただ、リュートの特徴の前面のロゼッタ彫は、ワックスで作るとシャープさが出にくい。
なので、ベースを作ってから、表面に模様を抜いた板を張ることにしました。
リュートの裏の丸い部分は、今回はあまり見えないので、ペンダント全体が重くなりすぎないように
するために全部は作らないことに決めました。

結局、周りの枠は、リュートを斜めにするので、どうしても必要。
それと石は、全体の形からすると大きめなので、デザイン的な面の考慮と石は爪で固定するので、
強度の面でも周りがあった方がよいと思い、「枠」は作ることにしました。

枠と言っても、額縁のようなかっちりしたものではありません。
全体を引き締め、かつ流れのあるもの。

リュートは楽器ですので、やはり音楽のゆったりした感じを出したかったので、
ここは、「蜜蝋」の出番です。

ロゼッタ彫は、リュート自体が小さいので、のこ歯のピッチも小さいもので切りました。

FullSizeRender


左側が普段のサイズ。
右が細いものです。

そして、出来上がりがこちらです。

DSC_0004

まず、出来上がったものを見ていただきました。
すぐにメールをいただきました。

*********************

ありがとうございます! 写真を見たら、さすがプロのお仕事、すごく素敵で感服しました。
アクセサリーらしく華やかで石も映えていますね。やっぱり石も表で見えている方がよかったですね!

お忙しい中、難しいことをお願いしてしまいまして申し訳ありませんでしたが、こんなに素敵な
オーダーペンダントができたことはほんとに嬉しい限りです。早く実物見て着けてみたいです。

*************************

そして、お送りしたら、早々にメールをいただきました。

*************************

ペンダント届きました。すごく素敵で、先程からじっと見入るばかりしています。
ボディの質感もいいし、ロゼッタ彫りのところも美しいし、ネックのところも石の両側の彫りのところもいいですね
(ここに彫りがあるのが華やかでいいですよね)! 
きっとロゼッタ彫りをいろいろお調べになってどういう柄にしようかとか、細かいところにご苦労されたことでしょう。
ボディの裏が蜜蝋というのも枠と重なってきれいなラインになっていますね。

*************************

思い出の指輪の石が、また新たに活躍して、お客様に喜んでいただいて、
作り手として、嬉しい限りです。
リュートも新しくレパートリーに入ったので、今度はふくろうに弾かせてみたくなるかもしれません。
また、新しい提案で、自分の世界がひろがりました。
Mさま、ありがとうございました。

2015-02-09 | Posted in OrderNo Comments » 

 

K18ネックレス

18金のネックレスのオーダーを承りました。

結婚したばかりの息子さん
のお嫁さんに、お義母さん
が送ると言うものです。

お嫁さんご本人には内緒の
サプライズということです。
(さらに…)

2014-08-13 | Posted in OrderNo Comments » 

 

パールのネックレスのリフォーム

グレーのパールのロング
ネックレスのリフォームの
依頼を承りました。

パールの長さは、1m弱。
70cmのネックレスを3人分
作ってというご依頼でした。

パールだけでは、70cmは
作れないので、パーツを
足して、その方のお嬢さん、
お姉さん、そしてご本人の
3人分です。

60代の方と3~40代でしょ
うか、年齢層の違う方の
ものを作るということで、
あとは、お任せでした。
(さらに…)

2014-06-21 | Posted in OrderNo Comments » 

 

三日月ブローチ

今年の1月末からの稲沢の
作品展のとき、ギャラリー
のオーナーさんから
オーダーをいただいていました。

簡単なラフスケッチで、形
は三日月形。
細かい細工で、中にはいろ
いろな色石を使うということ。

パールとペリドット、
ブルートパーズ、
シトリントパーズ、
ガーネットは使う。
他の石が入ってもいいけど、
ラピスラズリは嫌い。
などの条件で、デザインしました。
(さらに…)

2011-05-01 | Posted in OrderNo Comments » 

 

うさぎのブローチ

1月に、オーダーをいただ
きました。
シルバーのうさぎの
ブローチを見て
その感じで、K18で作ってくださいということでした。
(さらに…)

2011-04-13 | Posted in OrderNo Comments » 

 

バイオリンのペンダント・その後…

嬉しいメールが届きました。
メールが来たのは、12月の
25日でした。

そうなんです。前に
バイオリンのペンダントを
オーダーしてくださった方からです。

ペンダントは
クリスマスプレゼントだったんです。

このことは、オーダーを
いただいたときに聞いて
いました。
(さらに…)

2010-12-27 | Posted in OrderNo Comments » 

 

象牙のリフォーム

随分前になりますが、
お客様からご依頼を受けて
いた象牙のブローチとペンダント先。

この方から今までにも他の
リフォームのご依頼を
いろいろお受けしたことが
あります。
(さらに…)

2010-12-25 | Posted in OrderNo Comments »