at Atelier

2014年 年頭に

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

世間では、仕事始め3日目ぐらいでしょうか?
私は、年末の宣言?どおり、元旦もパソコンに向かっておりました。
年末から、今年の3月の神戸の作品展の案内を作っていたのです。

それが、やっと原稿も出揃い、先ほどWEB入稿済ませました(ほっ)

今年で4回目となるグループ展。
神戸の三宮駅すぐのさんちか街にあるさんちかホールでの作品展です。

いろいろなジャンルの作家が集まってする作品展で、今までは、共通の案内は作っていませんでした。
去年の作品展が終わったとき、今度はみんなで案内を作ろうということになり、
その版下作りを仰せつかったのでした。

自分の作品展のはがきサイズのDMは、作っていましたが、
参加工房が10ほどあると、さすがに簡単にはいきません。

もともとPhotoshopもIllustretorもさわったことがないのに、
自分の作ったキャラクターの「楽器を弾くふくろう達」の
便箋やポストカードを作りたくて、印刷屋さんに出す版下を自分で作れたらと
興味を持ったのが始まりでした。

結構、本腰を入れる気合がないと買ったはいいが、やっぱりダメだと
ほうリ投げられるほど、安いものではないので、買ったんだったら、
使い倒さなきゃと少しずつ始めていました。

それでもPhotoshopは、作品を撮るのでそれなりに覚えていったのですが、
Illustratorは、全然さわらない日々が続きました。
まぁ、Photoshopで精一杯ということでしたけど。
そこまで、やる時間がない・・・ という感じではありました。

そんな風でしたが、きっかけは年賀状。
辰年のときに、龍を描いたのが始めでした。

自分で描いた龍をパソコンに取り込んで、色をつけたりしたのですが、
結構おもしろくて、しかも、Illustratorすごい!と思える機能が
いろいろあって、楽しいです。

Photoshopも便利な機能がいっぱいあって、みんなが使うはずですね。
すぐれものです。

いろいろやって、わからなくなったら聞く人もいるので、なんとかなってます。
その質問もまだまだ「なにそれ?」の事を聞いてたりするんですけれど・・・

機能が少しわかってくるとおもしろくなって、ますますやれることが増える。
それで「おぉ~」となって、またいろいろやりたくなる。

これって、他のことでも同じだなと

ふと思う。

例えば、語学とか、料理とか、もちろん彫金などのものを造ることもそうですよね。

誰でも自分の知識、技術の器があって、ある程度積み重ねると

だんだんいろいろできるようになる。

あるとき、器が一杯になると急にうわっとあふれ出る。

どんどん、いろいろできるようになる。

そして、そこからがその人次第。
さあ、どの道に行きますか?

2014-01-08 | Posted in at AtelierNo Comments » 
Comment





Comment



CAPTCHA