at Atelier

非日常の気分は小旅行

1月の終わりに東京へ行く用事があり、交通機関は何を使うかいろいろ考えていました。

時間的なもの、料金、向こうでの滞在時間などなど、いろいろ条件がありました。

昔、旅行社にいたこともあり、ああだこうだとコースを組む時間も楽しいものです。
結果、昼間の高速バスと夜行の高速バスということにしました。

東名を車で静岡県辺りまでは行ったことがありますが、その先は車ではなかったような気がします。

名古屋駅を朝9時30分出発。さほど早くはないです。
なので、東京到着時間は15時38分予定。

快晴でした。
普通の4列シートのバスですが、揺れも少なくて、しっかり読書ができました。
東京までで、1冊読めました。

JRの高速バス、東京行きだったのですが、路線バスでもあるので、
(これは、乗ってからバスのアナウンスで知る。路線バスなんだ)
ボタンを押して下りたりするんですね。当たり前ですが・・・

今まで高速道路のところどころに、バス停を見たことがありましたが、
そういうことだったんだ、と今回わかりました。

乗るのには、どうも予約は必須だったようで、途中どこだったか、
乗ろうとして断られた人もいました。

冬、快晴、東京行き、とくれば、期待したいのは、富士山ですよね。
自称、晴れ女なのですが、今回もきれいな富士山見られました。


これは、バスの中から撮ったものですが、足柄SAで10分ほど時間があったので、そこで撮ればよかったかもとも思いました。

ただ高速バス、休憩時間という訳でもないので、時間が短いのです。

次のサービスエリアで止まります。
路線バスなので、時間が来たら出発します。

というアナウンスが流れるので、とてもゆっくり写真撮ってという気分にはなれません。
でも、足柄SAでは、青森りんごのキャンペーンをしていて、
黄色いリンゴのゆるキャラもいて、無料でりんご2個を配っていました。

はい、もちろん、いただいてきました。見てると男性は、もらわない人が多かったです。
青森りんごは、おいしかったですよ。

都内に入り、さだまさしさんの「8つ目の青春」の歌詞に出てくる、用賀だ、環八だと少々感慨深く・・・
大きな公園の日比谷公園、日比谷花壇は、ここにあるんだとか、バスの旅をそれなりに満喫しました。
※8つ目の青春 聞きたい方は、you tubeで聞けます。↑リンクしてます。

都内では、お久しぶりの方と会い、他にも用事を済ませ、ゆっくりもできずに夜行バス日帰り。
ICカードの「manaca」が都内でも使えるので、時間の無駄もなく、すんなりいくのは便利ですね。
新宿から東京まで、帰りのバスの時間が気になりながらの移動でしたが、なんとか間に合いました。

帰路は、3列の2階建てバス。
女性ばかりの便です。
夜行の場合は、最低でも3列でない狭くて寝られません。
前後も余裕があって、前のシートが倒れても気になりません。
あと、必需品は、首の枕ですかね。これもあると楽です。

2階席だったのですが、ちょっと揺れが気になりました。
今回、窓側でなく真ん中の列だったのですが、冬はかえって窓側でない方が寒くなくていいような気がします。

名古屋到着は、6時前。
名古屋駅から最寄り駅までは、電車です。
始発に乗って帰ってきました。
夜明けも見ました。
バスで、そこそこ寝られたので、眠くはなかったです。

いつもにない体験もたまにはいいですね。

2017-01-31 | Posted in at AtelierNo Comments » 
Comment





Comment



CAPTCHA