at Atelier

神戸で・・・ 2011.3.11

神戸での作品展期間中、ホテルから記事をアップしようと
ノートパソコンまで持ち込んだのに、何もできませんでした。
朝10時から夜8時までの作品展で疲れ、メールチェックなどするのが精一杯。
そこまでする元気がありませんでした。

もうひとつの理由は、下記期中に起きた東日本大震災です。
あまりの出来事の衝撃にとてもそんな気分になれませんでした。

地震の起きたとき、会場は地下にあるためか、何も感じなくて、
今回の他のメンバーの家族からのメールで事の重大さを把握しました。
それでも、断片的な情報しか入ってこず、とてつもなく大きな地震らしいこと以外、
何がどうなっているのかわからず不安でした。

ホテルに帰ってから、テレビで映像を見たときの衝撃は、
奥尻島や阪神大震災のときとはまた違う、現実ではないような、
まるで映画の1シーンをみているような感覚で
これが現実とは簡単に受け入れられるようなものではありませんでした。

次の日、会場で他のメンバーと話したのは、

今ここで、こんなことしていていいんだろうか

ということでした。
誰もが同じ事を考えていましたが、でも今、何も被害を受けなかったものが、
日常の生活をして日本をまわしていかなければ、被災地の人たちを
支えることもできないから…
という考えにいたりました。

今、自分達にできることを一生懸命やっていくことが、
きっと回りまわっていろんな人を支えることにもなると信じて。
微々たる力しかないのですが、それでも集まれば、大きな力になることを信じて。

最後になってしまいましたが、
この度の、東日本大震災により、亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
また被災された皆様、そのご家族の方々に心よりお見舞いいたします。

2011-03-21 | Posted in at AtelierNo Comments » 
Comment





Comment



CAPTCHA