at Atelier

教室では・・・ 1

教室の様子をご紹介します。

生徒さんは、それぞれに自分の好きなものを作ってもらってます。
カリキュラムもあるので、それに沿って進める方もあります。

これは、打ち出しと言う技法です。

sen3

銀の板をまず裏から叩いてふくらみをつけ、やに台にセットし、タガネで叩きます。

やに台は冷えているときは堅いので、バーナーであぶり柔らかくします。
それから、銀の板をセットします。

脂台(やにだい)とは・・・
松脂(まつやに)と地の粉(じのこ)と松煙などを鍋に溶かし混ぜて作ったもの。

タガネ
鉄の棒の頭をいろいろな形に加工し、磨いたもの。

sen2

大体の形が出来たので、表からマチエールをつけます。

マチエール
素材・材質によってつくり出される美術的効果。材質効果。

形が出来たら、ブローチに仕立てます。
まだまだ、時間がかかりそうですね。

sen3

2009-08-04 | Posted in at AtelierNo Comments » 
Comment





Comment



CAPTCHA