at Atelier

教室では… 2

教室での作業の様子をご紹介します。

仕上げの作業中です。
革で磨いている所なので、最終段階です。
磨いているものは、クロス型のペンダントトップです。
これは、ハードワックスという彫刻刀で削れるぐらい硬いワックスで原型を作り、鋳造したもの。地金はシルバーです。

2

この中央に写っている物がそうです。
緑色の箱に入っているものは、研磨剤、下の金槌は、おたふく鎚です。silverの刻印を打ちました。

3

こちらは、象牙の丸玉のネックレスが切れてしまったので、修理中です。糸をすべて替えているところです。

4

やはり、何年か使っていると糸が弱くなり、切れやすくなります。
時々、メンテナンスをすると安心して使えます。

手前にうつっているペンダントは、やはりご自分で作られたものです。
真ん中の貝の入っているところは、タイバーとして使っていたもので、リフォームしてペンダントにしたものです。

一味違ったどこにもないものに仕上がりました。

2009-09-08 | Posted in at AtelierNo Comments » 
Comment





Comment



CAPTCHA