at Atelier

国際交流

少し前にちょっとしたご縁から、スウェーデンからの留学生の工房見学を頼めないかとお電話をいただいていました。
少しの時間だし、こちらとしても外国の方と接するのは嬉しいことなのでお受けしました。

工房の近くの芸大生で、滞在期間は6ヶ月ほど。
ジュエリーに興味がある女性でした。

岩倉市の国際交流のボランティアをしている方が一緒なので、言葉に関してはさほど心配してませんでした。
まあ、物造りだし、見れば何とかなるという感じです。

午前10時にいらしたのですが、聞けば午前中は時間があるということで、指輪を作ってみたいか聞くと
「やってみたい」
ということなので、急遽指輪作りをすることに・・・

日本は普通、引いて切るのですが、外国では押して切ります。
(すべての国ではありません)

鋸歯(のこば)は、こちらでセットしたのですが、うっかり引いて切るようにセットしてしまいました。

※注 私たちが仕事をするときにでも、細かいものを切るときには押して切ったりもします。

CIMG0029



CIMG0030

模様をつけた地金(じがね)を丸めているところ。
CIMG0031

ロウ付けし、輪になったリングをサンドペーパーで整えているところ。
CIMG0032

リングを磨く説明をしているところ。
CIMG0033

完成。
CIMG0034

2010-08-04 | Posted in at AtelierNo Comments » 
Comment





Comment



CAPTCHA