at Atelier

台風がつれてきたもの

先日の台風15号、東海地方でもかなりの被害を残していきました。
幸い、工房のある愛知県岩倉市は大丈夫だったようですが、
被害にあわれた地方の方には、心よりお見舞い申し上げます。

さて、台風がつれてきたもの。
それは、子猫です。

台風が来る前日の20日の朝、それまでは聞こえていなかった子猫の声が聞こえ、
声の方を探してみると子猫2匹(茶トラ・ミケ)とそのそばに、
フーとすごい形相の親猫(茶トラ)。

雨の当らないところではあったけれど、子猫にとってはあまり条件のよくないところ。
でも、親猫がいるし、ちょうどデパートの搬入日でもあったので、
しばらくそのまま、そっとしておくことにしました。

午後になり、覗いてみると子猫(ミケ)は1匹になり、親猫もいないのです。
残された1匹も迎えに来るかもしれないし、またしばらく様子を見ることにしました。
すると、今度は違う場所の人が簡単に行けないところから声が・・・

その時点では、最初にいた子猫なのかどうかはわからなかったのですが、
雨が止んでいた午前0時ごろ、声のほうを探してみると、最初に見た2匹とは違う子猫(きじトラ)でした。

大きさは、最初に見た子猫ぐらいで、その1匹がどうして違う場所にいたのかわかりませんが、
屋根がないところだったので、暗くて狭いところで鳴いている子猫をなんとか保護しました。

最初の場所にいた子猫は、まだ鳴き続けていましたが、
そこはどうしても人が入れない場所。
その子は、保護できませんでした。

その後、保護した子猫は、次の日に獣医さんの診察を受け、
今は当工房ですくすくと育っています。

CIMG0005


CIMG0009

まだまだ哺乳瓶でミルクを飲んでいます。
猫は飼ったことがないので、こんな小さい子は少し心配ですが
モデル担当の工房の新しいスタッフになりました。

2011-09-28 | Posted in at AtelierNo Comments » 
Comment





Comment



CAPTCHA