at Atelier

十職十業・神戸  いろいろ

昨日、神戸での作品展が終わりました。
たくさんの方に来ていただけました。

ありがとうございました。

今回の期間中、たかぎが一人でブースにいたのですが、
前回までと違い、行ったことない食べ物やさん発見!と
いう話で盛り上がったり、期間中に他の参加作家とたくさん話をすることが出来ました。

自宅から会場に、毎日通ってる作家もいるのですが、
宿泊組にとっては、毎日の食事のことは、かなり
重要項目のひとつ。

外食って、飽きますもんね。
毎日、何食べようかと悩むし。

私自身、それほど、こだわって毎日メニューを
選んでいなくて、基本、おなかが膨れれば良いかな・・・
という感覚でした。
もちろん、まずいよりはおいしい方がいいに決まっては
いるのですが、仕事として来ているので、なるべく経費を
抑えたいところ。

その辺は、みんな同じで、安くておいしいところの情報交換を
みんなでワイワイやっていました。

そこで、最初においしい情報を持ってきたのが、
革の鞄の保田父子。
「海鮮丼が、¥480で食べられるよ。
しかも、結構ボリュームもあり、海老もでっかい!」

保田さんは、日本国内だけでなく、外国も旅慣れてるし、
息子さんは、もと中華のシェフ。
情報は、信頼できる!

そのお店は、会場の近くなのに、参加者みんな、
今まで行ったことのないちょっと怪しげでおもしろそうな場所。
地元TVでも紹介されたお店のようでした。

14ko

それから、最終日前の夜、トンボ玉の岡部さん、家具の中根さん
磁器の江口さんと4人で、三宮駅の北側の町の食べ物やさんで
よいところはないかとウロウロしました。
ひとりでは、ちょっとうろつき難い夜の町並みも4人だと大丈夫。
しかも、私以外はみんな男性ですから。

お題は、「中華」。
そこで、フラワーロード沿いの中国の方がやってるお店を発見しました。
定食が安くてまあまあでした。

食べたのは、から揚げ定食¥700。
から揚げに野菜たっぷり八宝菜とご飯とスープが付いてました。
出張中は野菜不足気味だったので、八宝菜は、うれしかったです。

神戸は、観光の町でもあるので、食事など高いというイメージだったのですが、
地元の人が行きそうなところは、いろいろ安くておいしいところが一杯ありました。
来年の楽しみが増えました。

2014-03-19 | Posted in at AtelierNo Comments » 
Comment





Comment



CAPTCHA