Exhibition

十職十業・作品紹介

素敵な作品を紹介します。

会場の階段を降りて右手、木工家具の中根啓さんの作品です。
家具とTシャツ、そして、銅で作った昆虫もいます。

14kei

次がせん彫金工房のブースですが、先に革の鞄を紹介します。
[エル・パソ]という保田芳文・徹さんの鞄は、ワイルドで女性ももちろんなんですが、男性ファンんも多いです。
14yoshi

その次は、大家伸介さんのステンドグラスの作品です。
創作ステンドグラス ・ビッグハウス という名前で活躍中です。
教室もやってらっしゃいます。
14oya

ニットの橋詰さんの作品は、京都のシルク糸を使って編んだ手触りのいい素敵なものです。
14hashi

そのお隣は、越智さんのローケツ染の洋服や鞄などいろいろ小物があります。
写真は、グレーのものですが、色が綺麗なものや藍染のものが多いです。
14ochi

岡部さんのトンボ玉は、物語が込められています。
ティンカーベルとフック船長とか、蜘蛛の糸など、他にもよくある花などの模様の入ったものとは違っています。
錦鯉など奥行き感があって、ガラスならではの透明感です。

14okabe

白磁の器の江口さんの今回のイチオシは、ラスター彩の器。
キラキラ感もあって、でも上品さもあり、お勧めです。
14eguchi

せん彫金工房の作品の感じは、前の記事に載せましたが(アップの写真ではなかったですが・・・)
手染めの手ぬぐいを紹介します。
tenugui

ふくろうがチェロとピアノとバイオリンを弾いているものです。
他にも、猫の、ものもあります。猫は、楽器を弾いていません。
手ぬぐいの下に見えているのは、Tシャツです。
こういう時にしか、なかなかTシャツは出さないので、お近くの方は、ぜひお出かけください。
お待ちしてます。
18日までです。お早めにどうぞ。

2014-03-16 | Posted in ExhibitionNo Comments » 
Comment





Comment



CAPTCHA