at Atelier

作品展せまる

10月の作品展が終わり、11月になると作品展が続きます。
百貨店、グループ展、ギャラリーでの二人展と4つあります。
ということは、ほぼ毎週ということですね。
それぞれ、少しずつ内容が違いますので、作品の傾向も素材が違ったりします。

今は洋白(白銅)のペンダント作りをしています。
素材が違うとやすりなどの道具は、すべてその素材用を使います。
プラチナ、金、銀などは、地金をやすって出た粉なども再生しますので、
きちんと分けて使います。

※地金をやすって出た粉は、その地金以外の粉も混じって、
純度が落ちているいることが多いので、
地金の精錬所で精錬してもらいます。

※純度…
例えば、18金であれば、金の含有率が75%でなければ、k18の刻印は打てません。
シルバーの場合は、950銀であれば、95%の銀の含有率、
スターリングシルバー(925銀)であれば、92.5%の含有率です。

CIMG0078


CIMG0080

こんな風にひとつひとつ切り抜いて、作ります。
道具を分けているので、作るときはかなりたくさん作ります。
地金に図案が張ってあるので、白い色をしています。

完成には、まだまだ工程があります。
先は長いぞ・・・

2011-10-22 | Posted in at AtelierNo Comments » 
Comment





Comment



CAPTCHA